ドラゴンクエストライバルズBの感想

この記事は4分で読めます

2017年内にリリース予定のソシャゲ「ドラゴンクエストライバルズ」

2017年6月現在、Bテスターとしてプレイしてみました!

今回はそのプレイした感想を書いていきます。

使用したOTKゼシカデッキ(ぱふぱふゼシカ)についても。

スポンサーリンク

ドラゴンクエストライバルズとは?

ドラゴンクエストライバルズとは2017年にリリースされるソシャゲ。

ジャンルはデジタルカードゲーム。

対応機種はios/android。

海外で人気のデジタルカードゲーム「ハースストーン」
パク・・・リスペクトしており、カードやシステムがかなり似せています。

日本で人気のゲームドラクエ版のハースストーン。

同ジャンルとしては、「シャドウバース」なんかが有名ですね!

簡単なルールとしては
毎ターンマナが増えていき、そのマナを支払ってカードを使い
プレイヤーのライフ25を0にすれば勝ちになります。

ドラゴンクエストライバルズをプレイした感想

完成されたゲームと言われているハースストーンをかなり似せているとのことで
面白いのかな?とかなり期待してプレイしてみました。

ちなみに1回目(6月4日)のBテスター応募には応募しておらず
今回の2回目(6月13日)の募集で応募しプレイしています。

使えるキャラクターは7人いますが
私はゼシカを使いました。

戦士(テリー)
魔法使い(ゼシカ)
武闘家(アリーナ)
僧侶(ククール)
商人(トルネコ)
占い師(ミネア)
魔剣士(ピサロ)

プレイした感想としては面白いです。

面白すぎて時間を忘れて10時間ぐらいやってました(笑)

普通のカードゲームと違い、1ターンに1回使えるテンションコマンドがあり
このシステムにより使えるカードがない時もマナを無駄にしなくて済みます。

ドラゴンクエストライバルズ

これは1コスト使い3つ貯めるとスキルが使えるようになるので
数ターン後を見据えたプレイも求められ、考えさせられるポイントです。

また、カードを出すところにも6つのマスがあり
配置する場所により、試合の進行が変わる為、配置のプレイスキルも求められます。

他にも自分自身に武器を持ち、相手やモンスターに殴りにいけるのも。

とにかく普通の引いたカードを出していくカードゲームと違い
選択肢が多めで考えることがあり面白いです。

とここまではかなり褒めましたが残念な部分も。

1,テンポが悪い、重い(動作が遅い)

ベータプレイした多くの方が言っていますが
重くて動作が遅いし、演出が凝り過ぎてテンポが遅いです。

面白いのですが、正直イライラしてきました。

正規品では無駄な演出カットなどをして
もっとテンポよくなるようにしていただきたいですね!

2,ゲームバランスが悪い

ハースストーンにかなり似せていることから
「バランスいいのでは?」と言われていたみたいですが
けっこう悪いと思います・・・

単体のカードパワーが強すぎる。

ドラゴンクエストライバルズ ドラゴンクエストライバルズ

ゾーマ 9マナ10/10
無敵 相手のデッキの上に光の玉を置く

光の玉 5マナ
ゾーマを無敵じゃなくする

つ よ す ぎ る・・・

次に引くドロー制限+5マナを使わすと言うおかしすぎる能力。

せめて相手の手札に加えるぐらいにしないと。

これだけではなく、まだまだたくさんあります。

”グラコス”とか”閃光烈火拳”とか”タロットショット”とか。

タロットショットは案外地味ではありますが、3コス4打点は強い。
せめてモンスターのみなら全然いいのですが。

全体的にバーストダメージがありすぎて
手軽にできるOTK(ワンターンキル)デッキが作れるのが問題。

こちらが干渉できないワンターンキルは本当に不快。

ドローしたり、勝手にソリティアしてワンキルとかつまらなすぎる。

ワンターンキル自体、ダメではないが手軽にできるのはダメだと思う。

あくまでネタデッキレベルにならないと。

これは個人的な意見かもしれませんがそう思いました。

一応、情報によるとリスペクト元のハースストーンでは
手軽にワンターンキルができないようにカードの調整をしているそうです。

ですので、バランス調整難しいと思いますが、この辺も頑張ってほしい。

あと、キャラのテンションスキルもおかしいかなと。

みんなが言ってるアリーナ(2枚ドロー)はもちろん
個人的にはミネアもおかしいと思ってます。

デッキから特技カードを引く そのコストをマイナス3にする

デッキに入れる呪文を調整すれば、実質サーチ
それにコスト3軽減ってやばい。

現に奇数ミネアと言うバーストダメージデッキできているし。

サーチはいいから、コスト軽減やめろ!

してもせめて1軽減にしないと。

1軽減でも強い・・・かな?

まぁそれぐらいにしないと。3軽減はぶっ壊れ。

他にもカードリストやデッキ作成が使いにくいとか。

スポンサーリンク

使用したデッキ(ぱふぱふゼシカ)

上記でさんざんOTKはダメと書きましたが
私もOTKデッキ(ぱふぱふゼシカ)を使っていました。

ただ、このデッキは手軽ではないとは思います。

そのデッキはこちら(クリックで拡大)

ぱふぱふゼシカ

序盤からカードを引き、呪文強化からダメージ呪文の連打

とシンプルなもの。

勝率は意外にも7割ぐらいありました。

ただ、けっこう序盤からガンガン攻めてくるデッキが多く
毎回めちゃくちゃギリギリの対戦ばかり。

「ヒャド」が入っているのに氷系のカードを入れていないのは
序盤に来ると邪魔だし、欲しい時に来ないし、使わなくてもいい時も多いし
なくてもいいかなと思ったので入れてません。

コンボデッキなので手札がコンボパーツばかりになるのですが
そのコンボパーツ(ダメージカード)を相手を除去するために
使うのか使わないのか選択した結果が試合にかなり影響するため
私の頭ではめちゃくちゃ難しかったです。

また、毎ターン、相手を倒すダメージ計算と
こちらがやられるダメージ計算が求められるため、もの凄く疲れます。

アリーナみたいなお手軽じゃないんだ・・・

OTKと書いていますが、キーパーツがほぼ揃う以外、ワンキルできないので
ある程度ライフを削らないといけないところも難しいところ。

まぁ、欠陥デッキ(ネタデッキ)みたいなものですかね。

意外にも勝てるので面白かったのですが
ガチ系のデッキには負けることが多かったです。

やばいと言われているアリーナには意外にもほぼ負けていません。

運がいいのか毎回7ターン目ぐらいで決まる。

奇数ミネアがまったく勝てませんでした。

毎回ギリギリ、次で勝ちと言うところまでいけるのですが
8点バーストががががが。

序盤も早いですし手が付けられませんでした。

あと、次で勝ちという時に「ドラゴンガイア」を出されて泡拭きました。

ドラゴンクエストライバルズ

これ呪文ダメージ使う相手への強いメタカードですね!めちゃくちゃ強い。

このデッキは決まると気持ちいいのですが
動作が重すぎて1ターンに大量にカードを使うのはストレスにもなりました。

ガチデッキには勝てないし(ほぼミネア)
疲れるし、動作重くてイライラするし、もう使いません。

ベータテストはもう少し期間があるので別のデッキで楽しもうと。

とどうでもいいデッキ紹介でした。

上記でネタデッキと書きましたが
このデッキ最近話題になっているデッキでガチデッキだったぽいです。

そして、名前は「ぱふぱふゼシカ」とか(笑)

まぁ、こんな単純なバーンデッキ誰でも思いつくか・・・

ぱふぱふゼシカと言われているデッキには
しっかり氷系のカードが採用されており
氷がある時にぱふぱふの効果がある「バズズ」が採用されていますね!

ぱふぱふ3枚欲しいと思った時あったからこれいいかも。

所持してなかったから気付かなかった。

「セクシービーム」も入ってるけど、個人的には使いにくくて抜きました。

コストが重い・・・

というよりこのデッキ、6月13日の公式放送で使われたデッキみたいで
公式Twitterにもレシピ掲載されていました。

まとめ

デジタルカードゲームが増えている今
人気のハースストーンを参考にしたドラゴンクエストライバルズ。

今回のベータテストでわかった悪いところを改善し
早く正式版を出してほしいですね!

というよりPC版出して~

ちなみにリリースは7月とか10月とか言われています。

ソースはないみたいですが(笑)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 【超厳選】おすすめの面白いドラマまとめ!
  2. おすすめの面白いアニメまとめ
  3. メジャーじゃないけど面白い?隠れた良作アニメまとめ!
  4. ミッドレンジドラゴンデッキ
  5. シャドウバース
コメントは利用できません。

おすすめカテゴリー記事

  1. ミッドレンジドラゴンデッキ
  2. おすすめの面白いアニメまとめ
  3. メジャーじゃないけど面白い?隠れた良作アニメまとめ!
  4. 【超厳選】おすすめの面白いドラマまとめ!
  5. シャドウバース