バナナは安くて栄養満点!しかし病気になるリスクも?

この記事は2分で読めます

果物の中で最も栄養価が高いと言われているバナナ。

そんな体に良さそうなバナナですが
実は病気になるリスクもあるんです。

今回は、バナナの栄養価や病気のリスクについて調べてみました!

スポンサーリンク

バナナの栄養は?

バナナは安くて栄養満点!しかし病気になるリスクも?

バナナには

食物繊維
ミネラル(マグネシウム、カリウム)
ビタミン(B1,B2,B6)
ナイアシン
ポリフェノール
セロトニン
炭水化物
たんぱく質

このような栄養素が含まれています。

特に食物繊維が多いため、体の消化機能の改善調整をし
便秘気味の腸なども改善される力があります。

また、ミネラルと炭水化物が疲労回復の効果も。

スポーツ選手とかはバナナとか食べていますよね!

特にテニス選手とかはゲームのインターバルでよく食べている印象です。

最近2018年にはバナナはスポーツドリンクと同じくらいの効果と研究成果も。

とバナナは最強の健康果物?

スポンサーリンク

バナナは病気になるリスクも?

安くて栄養満点で最強の果物と思われたバナナですが問題も。

それは病気になるリスクもあるんです。

その病気と言うのは

  • 糖尿病
  • 高カリウム血症
  • 尿管結石

などになります。

現代人は糖質を必要以上にとっていることが多く
バナナにも糖質が含まれているため糖尿病になりやすくなります。

また、カリウムも多く含まれており(大きいので1本400mg)
嘔吐、しびれ、知覚過敏、不整脈などの高カリウム血症に。

さらに凄まじい痛みで有名な尿管結石になる
シュウ酸が多く(ほうれん草並み)危険です。

・・・怖いですね・・・

一時期バナナダイエットなどが流行り
バナナは健康的なものと言われていますがリスクもあるんですね。

知識がないって恐ろしいことだ。

それで「バナナは食べないほうがいいの?」と言うとそうではなく
食べ過ぎなければ大丈夫だそうです。

目安としては多くても1日1本が妥当とのこと。

ただ、普段の食生活で糖質、カリウム、シュウ酸を接種しすぎている場合は
1日半分、2日に1本など調整したほうがいいかもしれません。

糖質の多い食べ物
ごはん
パン

じゃがいも
ケーキなど
カリウムの多い食べ物
こんぶ
わかめ
ひじき
コーヒー
ココアなど
シュウ酸の多い食べ物
葉菜類の野菜
紅茶
お茶(特に抹茶系)
コーヒー
ココア
チョコレートなど

果物=デザートという感覚を持っているのが一般的だと思いますが
バナナはデザートというより主食という感じですからね。

なので摂取量は注意しないといけませんね。

ちなみに

トースターなどで焼く焼きバナナで食べると
フラクオリゴ糖が多く摂れ、より腸の働きをよくするそうです。

便秘気味な方はオススメですね!

逆に冷蔵庫で凍らせて食べる冷凍バナナはポリフェノールが増え
老化(しわのたるみ)などの予防になるアンチエイジング効果も。

私はこの冷凍バナナが凄く好きですね!

アイスバナナという感じで凄くおいしい!

作り方は皮を剥いてラップに包んで冷凍庫に入れるだけ。

※凍った状態では皮を剥けず食べられないので冷凍前に皮を剥きます。

個人的には凍らせすぎると食べにくいし色変わるしあまりおいしくなかったです。

半凍らせぐらいがベストでした!

まとめ

健康食品と話題になり、そのことからバナナは健康食品と思っていました。

しかし、しっかりリスクもあることが今回わかりました。

どんな体にいいものでも食べ過ぎはダメ
ほどほどと言われている理由がわかりますね!

目安は1日1本ではありますが、自分の食生活を考え調整しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ドラクエライバルズ無課金はリセマラ必須!初心者で即ガチデッキ作成方法!
  2. 目の下のクマは運動で解消が効果的!?
  3. ミッドレンジドラゴンデッキ
  4. 【超厳選】おすすめの面白いドラマまとめ!
  5. 歯磨きの正しい仕方は?食後30分の真実
コメントは利用できません。